流動ダイアリー

「流動ダイアリー」ブログ変。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハプスブルグ展」離れ難カーペット賞は

本日無性に「絵画」が観たくなり、ハプスブルグ展に行ってまいりました!
平日昼過ぎ、混んではいたけどまあまあ許容範囲。

大体いつも展覧会は全体を一通り観てから引き返し、「このまま去るには名残惜しいっ」という何点かをさらにじっくり観ます。カムバックレッドカーペットみたいなもんですね。

今回はエル・グレコ「受胎告知」(いつ観てもあのグレコの絵から出てるはりつめたパワーは一体何事だろうかと、離れ難かった。ああ生きてる内にもう一度トレド行きたいっ)
と、ルーカス・クラナッハの「洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ」(強烈に「恐ろし美しい」サロメ、、これまた離れ難かった)。

再版に向け「百鬼夜行」のプチ手直し、新作の主たる作画、その前に行っといて良かった展覧会でした。

コメント

ハプスブルグ展、いいな~!休日はすごいんだろうな。
一度観終わってから戻るの、よくわかります(笑)
私の場合、名作ぞろいで酔って訳が分からなくなってきたときとか、もう一度立ち戻ってみたりします。
クラナッハは私の大好きな画家の一人なのですよ!
あの目つき、体のライン、たまりません。
やはり次の上京の際に見に行こうかな・・・。

ハプスブルグ展よかったよ~
平日午前中なら比較的見やすいと思うけど、14日までだからだんだん混んでくるかも。

こういう展覧会ってだいたい東京・京都か大阪の巡回で、名古屋行かないもんね、、3ヶ所でも距離的なバランスからか、福岡当たり行くことが多いような。

クラナッハ!生首の乗った皿を手にしてのサロメの表情、目は何ともたまらんかった。
無感情にも、溢れるほど感情を秘めているようにも感じられ、ほんとうにいつまでも観ていたくなる絵でした。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://modra.blog88.fc2.com/tb.php/154-d9ccf66a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

池田盛人

Author:池田盛人
写真、フルカラー漫画、イラストレーション等、創作活動をしています。
下記のサイトで公開中、よろしくお願いします。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。