流動ダイアリー

「流動ダイアリー」ブログ変。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モードラ」最終更新しました

オンラインコミック「モードラ」が最終更新、完結いたしました。

本当にありがとうございました!!

サイト開始から5年と10ヶ月、、描き始めた時から数えると6年ちょいかかっちゃいました。

えーと、何から書きましょう、、
ラストまで読んで頂いた方どう思われたか、ご感想頂けたら嬉しいです。

この6年間、あまり進まなかった時期も含めて、生活自体が「モードラ」でした。描くテーマに距離を取っていたつもりが渦中に呑み込まれていたり、時にはただ描いていくことが闘争だったり。
なので「モードラ」でテーマにしていた事はこの先も、ずっと対峙していくものになると思うのです。


6年間のスペシャルサンクス
本当にたくさんの人にあるのです!挙げていこうと思ったのですが、ありすぎてどこまでで区切っていいか分からなくなりそうなので、、
みなさんの支えが無かったら描き終えることが出来なかった、間違いなく。ほんとうにありがとうございました。


今回の最終更新分について
207ページ、カイザー・ヴィルヘルム教会の資料画像はモノログさんにご提供いただきました。10年以上前には訪れたことある教会だけど、さすがに取材行けないので。。怪しいオファーにすんなり対応してもらい、ほんとに助かりました。

今回登場しましたサイドカー、ウラル!オフロード仕様の「ギア・アップ」以外は風防ガラスあるのですが、カナの見え方重視で取っ払っちゃった、、あとノーマルでイエローは無いと思います、カスタムと言うことで♪
いつの日かサイドカー欲しい。ささやかな夢なのですが、ウラルのデザインはまさに理想のタイプなんだな~


キャスト
役者や声優がいるわけではないのですが、何となく書きたくなった。。

 ハルオ 

 カナ

 ギンコ

 モータードラゴン リーダー

 モータードラゴン ベース

 モータードラゴン ドラム

 フユミ

 ポルタ

 大葉さん

 天野さん

 リカさん

 宮本さん

 笠井君

 はなわヘアーの男

 ギンコ父

 ギンコ母

 獣医

 ベルリンの女

 ベルリンの男

 おっちゃん

お疲れ様でした~!


そしてそして、これからについて
次の中長編を描くに当たっては。モードラで至らなかった点をふまえ、創作経験人生経験を積み重たところでまたブチかまして行こうと思ってます!しばらくの間は短編、もしくは一枚絵を描いて行く予定、そしてもちろんHPにアップします。
あとモードラを本にすること!どういう形で本にしようかな~♪

コメント

お疲れさまでした!!

イケダさんこんばんは、ラスト、拝見しました!!
仕事中気になっていたのでふとブログを拝見したら、奇遇にも今日、更新されていて驚きでした!
ラストは何度も何度も見返してしまいました。改めて見返させていただきましたが、1本の映画を見ているようでした。まだ深いところまで汲み取れていないと思いますが、最初のハルオのぼやきに作品のテーマ、そしてカナの最後の所作にまたメッセージが込められているのかもしれませんね。そして物語は続いていくのでしょうか。。

改めて自分のブログでも紹介させていただきます。この6年間、本当におつかれさまでした!!

ありがとうございました~!!

matsumoさん、ありがとうございます!

この2、3日運命的にも?制作時間が取れたので、、10月下旬の見込みより早く最終更新出来ました。

モードラのテーマってあえて1つの言葉にすると「生きていくこと」になってしまうのですが、、観たひとなりに希望的な何かを感じてもらえたら嬉しいです。

この先もモードラの世界においてはハルオ、カナ、人の戦いが続いて行くでしょう。ただ作品自体はここで終わりにするのがいいと自分的には思って描いたので、続きを描くことはないと思います♪
テーマは今後作るものでまた取り組んでいこうと。

本当にmatsumoさんがいなかったら自分、あまり進まなかった時期にヘコたれていたんじゃないかと思います。色々とありがとうございました!そして今後もまた、よろしくお願いしま~す♪

再びすいません

イケダさん、返信どうもありがとうございます。早速ですがブログでも紹介させていただきました。画像もお借りしてしまいましたが、もしも問題があれば教えて下さい。。
自分の読み方ですと自分の内なるネガティブな妄想、想像にどう対峙して生きて行くのかがテーマだったのかな、と思いながら読んでいました。ハルオの回りに広がっていた世界、、実はその妄想が形を変えたものだったのかもしれないと感じました。またはハルオだけでなく、人々の妄想が集約された形かもしれませんが。あの「潮時だろ」の台詞はそうした内なる声を代弁したものだったのか?という捉え方をしていました。
最後はやはりそのとらわれから結果的に逃れる事はできないけれども、前に進んでいこうという意志が最後のカットに集約されていたのではないか、とそんな風に感じたのですが。。まだそのあたり掴み切れていないかもしれないですね~。言葉でくくってしまうと狭い見方になってしまいますが、良質な映画を見終わった後のような感覚が残っています。
何とか出版化を実現したいですね!できればオールカラーで。 
そして終わったばかりでアレですが、新たな新作も楽しみにしています!



紹介記事ありがとうございます

matsumoさん、忙しい中紹介記事ありがとうございます!問題があるわけありません!

matsumoさんの解釈、「それでも前に進んでいこうという意志」!そこは確実な所です、その言葉頂きました♪
「モードラ」の中で起こった現象についての見解も、すごく面白いですね!様々に捉えてもらえることが嬉しいです。

100%こうだという感じではなく、作者自身も様々な解釈をしながら描いてるという、めんどくさい物語で(笑)


わりと言葉にしやすい1つの解釈だと、

生きづらいと感じる人が増えてきた時に、生きづらいと感じる心自体を放棄してモノのようになってしまえばむしろ楽ではないか。自殺まではしなくていい、モノのようになる選択肢が提示されたら多くの人がそれを選んでしまう世界。

極端な表現ですが、例えば都市部なんかでは人間らしさを何割か削ってしまった方が意外と楽に生きられるとか。その位の状況は現在でもあるような気がしますよね。

みんなが当たり前のようにモノ化していく状況になったら、人間らしさはどうなって行くだろう、みたいな?


う~ん、文章にするとすり抜けて行っちゃうんですよね、、

ほんと親切でないマンガですが、現象には観た人それぞれの何かを反映してもらえて、「それでも前に進んでいこうという意志」が伝わってくれたら幸いです。

ありがとうございます、これからまた新たな気持で色々やって行きたいと思います!!

度々ですが

その見解で読むとまた深い物語になりますね。。最後のシーンも、実はその意志に取り込まれてしまったという怖い見方もできたりとか。。ですが、2人には前へと歩んで行ってほしいと思います。

歩んでいってほしいですね

そうですよね、決して前途洋洋な旅立ちではないですから。
最終的には元に戻せるのか、みんな取り込まれてしまうのか、その中間?
カナは995日の間にかなり強くなったと思います、ハルオもきっと、、がんばってほしいですね!

おおっ

完結…遂に完結むはは。
しっかしラストに妄想度UPだったなんて~。
俺は今までどんなラストかを妄想していたけど、ラストがさらなる妄想とも知らずに妄想していたとは…モリトに完全にしてやられた。しかも6年分。

ありがと~

hataboもほんと色々ありがとうね。
何よりこのホームページやってなかったら再会出来てなかったかも知れないし!良かったよ。

うん、6年前から大筋ではラスト決まってたからね。この先はみなさまワールドワイドに妄想してくださいと言うご案内?ってことで♪

長々書いたコメントが消えちゃったー!!

大変遅ればせながら6年間お疲れ様でした。研究室の回線が遅く、日中コソコソ見るには勿体無いので、休日の夜までガマンしてましたよー!

なんとも示唆的な結末。刹那的に美しい景色と、本来なら異様であるはずの二人の乗船の様子とのコントラストが、とても印象的でした。作品に込められたメッセージを色々と勝手に妄想しながら楽しんでます☆

カイザー・ヴィルヘルム教会、私のへたくそな写真が参考になって光栄です。二人にとってベルリンがなんらかの希望をもたらす場所であるよう祈るばかりです。

作品通して、大げさなポーズがあるわけではないのに、構図のせいなのか、とても動的に作品を感じていました。CGやアニメのような動画をつい思い描いてしまいます。あの街中のモノたちはどのように動くのかなーとか。漫画でも、ウェブ版と印刷版では印象がまた違ってきますよね。完成版が楽しみです。

今後の印刷版の完成と、新たな次回作を心待ちにしていますよ!
本当にお疲れさまでした!

モノログさん、ご協力ありがとうございました!

150ページ目位までは画像を50KB以下に抑えてたんだけど。「6年の間にブロードバンド化も進んだしな~」と、最近あまりJPEGを圧縮してなかったんだよね、、

ラスト場面はやはり自分でも思い入れあるので、そう言ってもらえると嬉しいです!
そしてベルリンからの事は、自分自身も妄想して楽しんでるという♪朽ちかけているからというだけでなく、あの教会前を選んで良かったとも改めて思った。

どういう場面を切り取ったらページとページの間を想像してもられるかなとか、限定しすぎないように余地を残せるかな、と考えて描いてきたけど、、
観る人も慣れてないはずのフォーマットだろうし、イメージ仕切れない所もあり、かなり試行錯誤してました。

印刷版は新たに画像と文字をレイアウトして(前にプリントしてたところも修正して)プリントしてるんだが、まだ5分の1くらいしか終わってないっす。そのくせインクはそこそこ消費してる~

ありがと。完結後も結局バタバタした日々になっちゃってるけど、がんばりま~す!

遅ればせながらおめでとうございます。
小職がEKKをほっぽり出して鉄道王に勤しんでいたら・・・

最後の展開は何やら神でしたね。
東大一直線の続編「東大快進撃」の最後を思い出させます。

しかし小職が一番羨ましく感じるのは・・・
「終えた事」です。

何年経てばEKKは終わるのやら、です。

知事、ありがとうございます!!

知事がEKKを描いている事に刺激を受け、励みにしてモードラを続けて来られたというのは間違いなくあります。

EKKの徹底的な取材の濃度、そしてモードラが始まった頃にはもう何千ページでもうすぐ2万ページ、そしてこれからも、、
知事の荒行には及ぶべくもないとは言え「通常のモノと異質なやたら時間がかかる漫画を、仕事をしながら自発的にweb上で描き続ける」って、体験しないと分からないプレッシャーありますよね♪

「でも自分とこと違ってEKKは読者も多いし、知事はしっかりした職にあるから大丈夫だろう」なんて勝手に思ってましたが、やはりあれだけの作品を長期続けて行くのは並大抵じゃないですよね、、
むしろ滞る時期があっても当たり前だと思います。マイペースでの更新を楽しみにしていますね。

そして自分もいずれまた、スタミナを付け中長編に舞い戻りたいと思っています、、何か自分だけ先に戦地から帰ってきた?ような心境になってきた(笑)
「東大快進撃」気になるので読んでみます!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://modra.blog88.fc2.com/tb.php/111-617f1b5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

池田盛人

Author:池田盛人
写真、フルカラー漫画、イラストレーション等、創作活動をしています。
下記のサイトで公開中、よろしくお願いします。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。