流動ダイアリー

「流動ダイアリー」ブログ変。

2008-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煮詰まるぞハート 行き詰るほどヒート

前回の日記2箇所誤りが、、

ダイハツミラの燃費は25.5kmでしたね、「22.5ページ」じゃますますもって意味不明だ。

もうひとつは、ちょうど先週ニュースで取り上げらましたね。「煮詰まる」、本来の意味は結論が出る状態でこの場合「行き詰る」が正しい。結構今まで間違えて使っていたかも。
でも「行き詰まって来る」だと何というか、熱がこもってオーバーヒートする感じが無くて使う気にならないな。


今週の日月休みも月曜午後辺りになって煮詰まっ、行き詰ま、、オーバーヒートして来てですね。
塗りの前半って、塗っても塗っても終わりが見えない感があってヒートしやすいです。特に今回は23枚だもので、、
何年ぶりだかよく覚えてないがフラッと福生徘徊して来ました。西立川からだと吉祥寺に出るのとほぼ同じ所要時間。
久々の福生、西友がグレードアップしてた。横田基地周辺は横須賀同様ミリタリーな店が減り、ヒップホッパーな店やエスニックな店が増えてた。

どんより曇った福生界隈がいい感じで、一眼のカメラ持って来れば良かった。帰りがけは晴れ間も見え、夕焼けてました。
SN340070.jpg

スポンサーサイト

俺ミラじゃねえし

20080722182537
塗りはじめてます、絵のページだけ数えると23枚分。

日月火の3連休、わりとこもり気味で塗り作業してたが煮詰まって来る。

TSUTAYAで借りてた「誰も知らない」鑑賞。良かった。子供達から目が離せなくなる。
「歩いても歩いても」に同じく、観る人の心を揺さぶるべく緻密に撮られている映画だと思いました。その辺り好き嫌いはあるかも知れませんが。 爽やかに終わったかのようでいて、心に重くのしかかって来るものあり。ある意味最強に怖い映画だと思った、いい意味で。

ダイハツミラのCMをキャスティングした人はこの映画もちろん観たはず、、勇気あるなあ、パラレルワールドや。
余韻がヘビーなあまり昭和記念公園まで散歩に来てしまった。
「これで22.5ページ、塗れるかも♪」

チャンチャン。

品川タフボーイ伝説

去る火曜日のこと。

以前働いていた某チェーン品川店の同僚オセンチ氏が結婚、そして米子の実家を継ぐため退職。ということで久々に呑んだのです。

遅れて8時過ぎに到着するとほぼ2年ぶりの再会、究極の面白メンバーが!

村長、M氏(orz)、オセンチ氏、ナカマ嬢。

うん、ここまで揃ったら是非とも編集長に会いたかったのですが、、四人でもすごすぎる。

米子に立つオセンチ氏へ、久々にクレイマンをペアで里子に出しました(永作博美のエッセイ?とも思ったのだが、写真とか少ないしうーん、、と)ま、喜んでもらえたようで良かった。

それにしてもこんなにおかしな、、もとい楽しい人達が揃ってた職場は貴重だったなあ、と今こうして再会してしみじみ思いました。


なんと、プロバイダ契約の関係でオセンチ氏の「フラレ気分DE僕タフボーイ」は最終回!農家編でぜひ帰ってきてほしい。

M氏の天才的自虐ブログ「俺的自画像の調べ」は現在正念場のようですが、きっとまた新展開があることでしょう。

村長の「nogoodso村」、このペースでも存在してくれるだけで癒されるのだ。『たまに動く、不思議な生物がいる水槽』みたいな感じで♪


「歩いても歩いても」「テーブルテーブル」

「歩いても歩いても」が、
すんごく良かったああああ!

立川シネマシティ月曜10時50分の回はシニア率高し!両隣は一人で来てるおじいさんと一人で来てるおばあさんだったし。(考えてみたらこの映画、通常メインキャストになる事が多い15~30歳辺りの役者さんが一人しか出ていない。しかもその一人はデブキャラという、、)

映画が始まったらもう、何でもないようなことが起こっているのだけれども笑ったりほろりとしたりの連続。おばあさま方も笑っている♪
観ているうち、心や身体の奥の方にしまわれていたけれども大切な事が引き出されてくるような。この気持ちよさは何だろう、命の洗濯って言葉、こういうときに使ってもいいものだろうか、ちがうかな。

そもそもは夏川結衣さんきっかけで観にいったのであるが、そして夏川さんの微妙な立場のお嫁さん、お母さんっぷりがまた素晴らしくてクラクラしたのですが。
それだけでなく、映画全体すごくすごく良かったのです。みなさんも是非!

そうだ、近日「誰も知らない」も観てみようっと。

DSC_00040001.jpg

気分も上々な帰りがけ、ダイエーで在庫処分価格2000円の折りたたみテーブルを発見そして購入。
これで描くMac作業するテーブルと、飯食うWinでネットとかするテーブルを分けることが出来た!
国立の激狭魔境アパートではあり得なかったレイアウト。
ちなみにWinの液晶モニタは資料画像を映すディスプレイとしても活躍。ちなみにMacのCRTモニタに映っているのは135ページ、次回更新分ではありませんあしからず。あとあとちなみに、スキャナー取り扱いは踏み台に乗って行います。

さあて、モードラの進捗状況は。
全ページの下描きスキャニングが完了、鉛筆下描きの余計な線、汚れを消す作業をしている所。もうすぐ塗れるぞ~

2サイクル変人(1メートル46センチメートル以上近付かないでください)

下描きほぼ完了!
来週追加取材する部分はあるけど、背景の一部分。今週からスキャン、塗り支度に入ります。

新刊雑誌とか画集とか、久々に買った気がする。吸収意欲が増大してきた感じだ。

刺激を受けること、ものに出会うと、何故か出会った自分に無限の可能性があるような錯覚に陥る。しかしながら描いている内、生活してる内にある時凹む。錯覚→凹む→錯覚→凹むの2サイクルで何とか進む。

最近この2サイクルが調子良く機能し始めている気がする。このコンディションで最終更新を終えたい、さらに進みたい。勘違いでもいいです、この際。

こういう『痛い』決意表明?的な日記も久々な気がするな。前はこんなことばっかり書いてたが。

闘争か、逃走か。(終演、ありがとうございました!)

toso01.jpg

とある『村』に迷い込んだ一人の男。

次々と身に降り掛かる数々の異常現象。

『村』からの脱出に男が選んだ道は、闘争か、逃走か。

そして、エントロピーは増大し、宇宙は平衡化していく・・・



G.com vol.7 『闘争か逃走か』 ~或いは、浄水器販売員の異常な日常~
この演劇作品、チラシ作画を私イケダモリトが担当しています。そしてデザインは栃木香織女史、ディレクションは作・演出三浦剛氏のスリーピースでございます。

んで、公演まではこのチラシ画像を上に置いとくべく、「闘争か逃走か」関連の記事は(やっぱそれ以外も)ここに書き足して行きますです。

7月1日
去る土、日に「闘争か、逃走か。」、観てきました。上演前後はちょこちょこお手伝いも。スタッフでクレジットされてるが本番中は決まった仕事無いからね。チケット受付やってたら隆文氏香織女史夫妻が来場、「サイン会してるみたい(笑)」と。んなわけない♪

土曜夜はなんとmatsumoさんが観に来てくれました!そして公演終わりの笑々でmatsumoさんと三浦の剛氏遭遇。自分としては何かその場が不思議で面白かった(笑)、アートサイト妄想ドライブ的には夢の競演ですよこれ♪


芝居、いい作品になっていたと思います。役者さん達みなさん素敵だった!土曜夜の回観たとき特にぐっと来ました。今回はこの芝居にどっぷり関わっていたので、どのぐらい客観的に自分が観れているか分からないんだけど。
この作品の内側に含まれてるものとか、その先未来にある展開、それにともなう希望とか、どのように受けとめたかは観たひとによって様々だったようです。おおむね好評ながらも賛否両論あったみたい。
それでもいま現在、作りだす闘争するべき意義ある芝居なのは間違いない、そう思います。

本当に今回関わることが出来たことは素晴らしい体験でした。ありがとうございました!

6月26日
「闘争か、逃走か。」始まっとります!平日も結構盛況らしくて良かった♪初日見てくれたAさんもその彼も、謎をかかえつつもかなり楽しんでくれたみたいです。早く本番観たいな~

モードラ最終更新の取材にご協力いただきました、モノログさんの『素敵ブログ』をリンクに追加。
伝わりやすく面白いです!この感じ、「転がる香港に苔は生えない」「のりたまと煙突」and moreの星野博美さんと共通するものがある気がした。お二人とも旅人だからかな?

どういったご協力頂いたのか、、もちろん更新まで内緒です♪

6月23日
今秋最終更新予定の「モードラ」ですが。お楽しみに取ってあるひとページ以外の下描きがほぼ仕上がりました!
さあお次はそのひとページにかかるぞ、見方によってはここがサビだと言えなくもない?

『すべてがポイントだ』(元同僚フォトグラファー、「昇り龍」N氏の言葉)

ところで今更のキル・ビル体験、vol2も観た。この映画の旨味ってさ、むしろvol2により多く含まれてるよね。ってな事ももう、、さんざんあちこちで語られたんだろうな。

「闘争か、逃走か。」いよいよ明後日からですよ~、どうぞよろしく!自分は土、日と会場行きます。

6月15日
朝からモードラ取材で歩き回ってます。夏川さん出演するメントレGはしっかり予約して外出。
1日がかりで取材するのはもう最後かも知れないな。。あと数ヶ月間?ちょこっと撮り行く事はあるだろけど。
今更、本当に今更なんだけど、、キル・ビル1を初めて観た。創作意欲を刺激される映画だった、1日中布袋さんのあの曲が頭ん中でループしとる。

6月8日
いつまで片付けててもキリがないっす、今日から本格的にモードラ制作再開!!

これがこれが、捗ること。ほどよく集中してるし、比較的柔軟に描けた気がした。
これは間違いなく、「チラシ画武者修行」と「落ち着く部屋に引越し」の相乗効果だと思う。

こんなことならもっと早く引越しとけば良かったてなもんだ。前アパートには到底与えられなかった『基地』の称号(?)をこの部屋には与えて差し支え無いであろう。

ところでショップ99恐るべし。大概の生活用品食料品が事足りてしまうな、、
自分インスタントコーヒーはネスカフェじゃないと駄目なので99とは行かないが。インスタントコーヒーにこだわるって、非常に半端な感じだが。

6月2日
3月下旬の顔合わせ以来、稽古場にお邪魔してきました。前の日が衣装合わせ、キャキャ、キャストのみなさんがこのチラシ画をベースにプラスα、β、γで粋な衣装を決めてきてくれてたのには感動!!
そして2幕の立ち読み稽古を見学。そう簡単には固まらない、チャレンジャーな脚本だと思った。つうことはこれからどういうふうに動いていくかでどう変わるか分からない。しかし役者さんたちの追求心、熱意が結実噴火しているシーンをそちらこちらに観て、きっと面白くなる、という気がしました。

5月20日の記事への拍手コメントいただいた方、ありがとうざいました!「禅とオートバイ修理技術」、再読した感想も書きたいと思います。

5月上旬
今回、初稽古前に打ち合わせながらチラシ画を描いていった作業。これは出演者全員分の演出をほんのわずかずつ受けていたような、 不思議で貴重な体験でした。
今回の作品、面白くなりそうです。この芝居が最終的にどこに行き着くのか、自分はまだ知らなくてかつ想像もつかないのですが、ていうかまだ誰にも分からない?


G.com vol.7 
『闘争か逃走か』
~或いは、浄水器販売員の異常な日常~

劇場:アトリエ・フォンテーヌ(麻布十番)
2008/6/25(水)19:00~
2008/6/26(木)19:00~
2008/6/27(金)14:00~/19:00~
2008/6/28(土)14:00~/19:00~
2008/6/29(日)15:00~

前売3500円/当日4000円
(ペアチケット6000円 学割2800円)

公演終了しました、ありがとうございました!



 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

池田盛人

Author:池田盛人
写真、フルカラー漫画、イラストレーション等、創作活動をしています。
下記のサイトで公開中、よろしくお願いします。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。